人気ブログランキング |
ブログトップ

シェフの独り言

簡単レシピの紹介や、日々のキッチンでの出来事を紹介


by isozurisennmonn
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

サンシエロのワインたち・・・シェフセレクト編(^.^)

こんにちは・・・
 先日のワイン会で、ちょい燃え尽き症候群になっておりました 。

ワイン会でお出しするワインのご紹介はするんですが、レストランで通常お出ししているリーズナブルで
おいすぃーワインのご紹介がおろそかになっておりましたので・・・
  今回、ワインリストの中からひとつずつご紹介していこうと思います!

まずは・・・

「ガヴィオリ・ランブルスコ・グラスパロッサ・アマービレ」

ランブルスコはイタリアのエミーリア・ロマーニャ州の伝統的な弱発泡性赤ワイン。ランブルスコというのはブドウ品種名で、このブドウで造った、アルコールがやや低めで弱発泡性の、やや甘口の赤ワインです。

エミーリア・ロマーニャ州のランブルスコには別格とされる3つの原産地呼称DOCがありますが、このグラスパロッサ・ディ・カステルヴェトロはその中でも最もコクのある贅沢タイプといわれる高級ランブルスコが生まれる産地。

このワインはあのスーパーカー[フェラーリ]の地元モデナ近郊で収穫されたランブルスコ・グラスパロッサ種のブドウを主体(85%以上)にして造られます。ランブルスコ・グラスパロッサ種の特徴は、鮮やかな赤い色で、紅葉するときには、葉だけでなく、ツルから幹までが赤くなり、ワインも実に鮮やかな赤紫色が特徴です。

ランブルスコ・グラスパロッサ種のぶどうは、モデナ近郊の丘の痩せた土地によく適応するブドウ品種で、熟すのが遅いのですが、晩秋になって完熟するのを待ってから収穫されます。これによって、鮮やかで深みのある色と、華やかな香り、そして甘さとコクが得られるというわけです。

ランブルスコの3つのDOCの中では、このグラスパロッサ・ディ・カステルヴェトロが最もコクのあるランブルス
コの中では贅沢タイプになります。ランブルスコというと、甘くて低アルコールで炭酸の入った、カクテルのよ
うな飲み物と言う印象があるのですが、このグラスパロッサ・ディ・カステルヴェトロは非常にコクがあるので、
料理と合わせて楽しむことも多い、まさに本格的ランブルスコです。

とありますが・・・

こんな長い説明は・・・不要!

ひとことでいうと   おいすぃー(^.^) ですね!
微発泡のワインなので、ピッツアにもよーくあいます。。。

e0123016_1743593.jpg


うーん・・もし僕がー サンシエロでー ピッツアを食べるとしたらー・・・

最初にー ランブルスコ飲んでー・・・・・・

  というわけで、次回は  「tchefが、ランブルスコの次に飲むワインは?」

でお送りいたします!
トラックバックURL : https://tchef.exblog.jp/tb/18347925
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tetsuya_usuki | 2012-07-10 17:47 | ワイン | Trackback