シェフの独り言

tchef.exblog.jp

簡単レシピの紹介や、日々のキッチンでの出来事を紹介

カテゴリ:イベント( 48 )



皆さん こんにちは!


ひっさびさに 講習会以外の記事をお届けいたしたいと思います!

タイトルにもありますように、明後日4月1日~5月31日の期間で
天草にスポットを当て、 郷土料理や、天草の食材を使ったディナーバイキングを開催することにしました!

e0123016_16142461.jpg
これは天草の郷土料理の中でも とってもポピュラーなお料理 ぶえん寿司(^v^)

を、 ちょっとイタリアンにアレンジして お出しします。

その他にも
e0123016_16184314.jpg
がね揚げ 
e0123016_16142866.jpg
豚が入ってないのにぶたあえ\(^o^)/
e0123016_16141621.jpg
おー!
イワシのつみれ汁

もちろんお刺身や マリネも
e0123016_16145097.jpg
e0123016_16144628.jpg
定番のピッツアや パスタも 天草の幸をふんだんに使って
e0123016_16145965.jpg
e0123016_16145542.jpg
チャイニーズからは 雲白肉 (ウンパイロウと読むのだ!)を天草宝牧豚を使って とってもしっとりと
e0123016_16150607.jpg
そして天草ちゃんぽん
お酒の後の締めにぴったりです(実は味見させていただきました(*^^)v)
e0123016_16143638.jpg
ワインと一緒に楽しんでほしいのが・・
e0123016_16143212.jpg
あまくさいろいろブルスケッタ
お魚のリエットやお肉のパテなんかを パンにのっけて愉しんでください!

天草大王も もちろん登場!
イタリアンからは、こんなお料理や、天草大王のレバーを使ったムースなんかをお出しします!
e0123016_16153733.jpg
チャイニーズからは、天草大王のいろんな部位を使った 炒め物のお料理が登場します!

皆さん、ぜひ天草の幸たっぷりの サンシエロ ディナーバイキングにお越しくださいね!

おまけ


















e0123016_16080654.jpg
e0123016_16081512.jpg

僕の大好きな天草の海! & 大好きな魚釣り\(^o^)/

[PR]
by tetsuya_usuki | 2017-03-30 16:51 | イベント | Trackback | Comments(0)

ラム&西洋野菜\(^o^)/

e0123016_13322216.jpg


今月の講習会のお料理は この3品!

ラムって、ご家庭ではなかなか扱わない食材だと思います。。。。

   で・す・か・ら!

今回はあえて この食材に挑戦してみました!
 
まずは サラダ\(^o^)/
e0123016_13345635.jpg


ロメインレタスを使ったシーザーサラダです。
にんにく・アンチョビ・ケッパーなどなどで作ったドレッシングに、ラムを掃除した時に出たお肉の切れ端や薄い筋などをカリカリにして添えました。(無駄を出さないように使いきるコツをご紹介するのも 講習会では大事なことですから・・・006.gif

そしてロースト
e0123016_13373243.jpg
e0123016_13374982.jpg
e0123016_1338834.jpg


今回は肩ロースを使って・・・071.gif
ある方法で低温調理したのち フライパンで香ばしく焼き上げます!
e0123016_13411473.jpg

夏らしく、歯ごたえを残した西洋野菜のチャンフォッタを添えました。焼き上げたフライパンで、バルサミコのソースを仕上げて彩りの良い一皿に仕上がりました!

そして 煮込み
e0123016_1342031.jpg


とろとろになるまでではなく・・・ ざっくりと噛み応えがある程度に\(^o^)/
今回は 紫色のジャガイモのマッシュポテトを添えましたが・・・

パスタやクスクスを添えてもいいですね!

そして朝から仕込んだ デザート

e0123016_13435988.jpg

 セミフレッド・・・何とか固まってくれました(ぎりぎりに)

来月は 豚肉&夏野菜!
「テリーヌを紹介してほしい!」

うれしいお題をいただきました!

夏野菜と豚肉を使ったテリーヌとあと2品程度 これからレシピ 仕上げていきます!
  
フフフフ037.gif・・・ 楽しみにお待ちください!060.gif
[PR]
by tetsuya_usuki | 2016-06-17 13:50 | イベント | Trackback | Comments(0)

秋のワイン会のお知らせ

皆さんこんにちは
   と、気がつけば9月・・・

最近は講習会の話題ばかりで・・・申し訳ないと思いつつも、会社の方針なんで!なんつって

今回は、久々に開催しますワイン会のお知らせです!
私が、このレストランに着任して8年がたちました。毎年夏にお越しいただき、一緒にワイン会させていただいていた、今井シェフ。。。今年は都合がつかず、もうだめか!って思ってましたが。。。。

11月にお越しいただくことが決定しました(*^^)v
e0123016_16481688.jpg


今年もあの楽しいトークがきけます(って、お料理の会なんですけどね)

そこで、今回は今春発売になった(今井シェフも私も参加してる)料理本の中からセレクトしたお料理を中心に、久々ワインも私セレクトで開催させていただきます。。



e0123016_16513887.jpg


ではでは、メニューとワインのご紹介を・・・

アンティパストミスト

・蛸のルチアーナ
・パルマ産生ハムで巻いた小海老とメロンゼリー添え
・炙りサバとフルーツトマトのマリネ


サルシッチャときのこ、フリアリエッリのピッツア

プリモピアット
・カニとリコッタチーズのカネロニ


セコンドピアット
白身魚のサルティンボッカ


グレートサザンビーフのビステッカとフォアグラ


ドルチェ
モンテビアンコ2015

コーヒー003.gif

そしてワイン

ファランギーナ フリッツァンテ ラ グアルディエンセ(微発泡ワイン)
生産者 ラグアルディエンセ 葡萄品種 ファランギーナ 
産地 カンパーニャ

バンフィ サンタ・コスタンツァ ノヴェッロ・トスカーナ(ノヴェッロ 赤)
生産者 バンフィー 葡萄品種 サンジョヴェーゼ80%、シラー20%
産地 トスカーナ

カステッロ・モナチ“チャラ”シャルドネ・サレント(白)
生産者 カステッロ・モナチ社 葡萄品種 シャルドネ
産地 プーリア

レ マンフレディ アリアニコ デル ヴルトゥレ
生産者 レ・マンフレディ 葡萄品種 アリアニコ
産地 バジリカータ


イタリア秋の新酒 「ノヴェッロ」を含む4種の個性あるワインと、季節の食材をふんだんに使用したスペシャルメニューで秋の夜長をお楽しみいただきます。

イタリア料理紀行2015   

「秋のイタリア料理とワインを愉しむ 今井シェフをお招きして」

日時     2015年11月10日(火)

場所     ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイ
       1F レストラン サンシエロ

会費     ¥10,000(税・サ・お飲み物代含む)

受付     18:30

開演     19:00

となっております。

皆様、久々のワイン会です!
ぜひぜひお越しくださいね! よろしくお願いしまーす。。
[PR]
by tetsuya_usuki | 2015-09-01 17:34 | イベント | Trackback | Comments(2)
皆さんこんにちは!

前回ご紹介した 講習会・・・無事終了しました。

今回は   バレンタインに合わせて チョコレートのフルコースをやっちゃいました。

まぁ、これまでも 前菜やメインにチョコレートを使ったコースってのは 何度かやってきましたが・・・

前菜からデザートまで 全部チョコの香り・・ってのは
 さすがに初めてでございました040.gif

ではでは・・早速 当日のお料理を
e0123016_1548077.jpg


こちらは前菜

「フォアグラとマンゴーのカネロニ チョコレートソース」

表面だけ焼き色を付けたフォアグラとフレッシュのマンゴーを茹でておいたラザニアの生地で包んで
牛乳半分、ブロード半分のベシャメルをかけて焼き上げました。
ビターチョコを湯煎で溶かしてソースとしました。

そしてスープ
e0123016_15495570.jpg


牛蒡のスープに牛乳を泡だてたものをのせて、ココアパウダーをふりかけてお出ししました。
何とも野暮ったい感じのスープにココアの香りを添えるだけで、また違った表情になるから不思議です!

そしてメイン
e0123016_15523366.jpg


グリルしたポークの上に、さまざまなベリーをのせ、薄い板状のチョコをおきます。
チョコの上からアルコール度数の高いマラスキーノ(今回はラム酒で代用)をティスプーンに注ぎ火をつけてからチョコ上にかけます。チョコがトロリとなってソース替わりに・・・
お口直しにルッコラの生ハム巻きを添えました。。

そしてデザートは
e0123016_1556862.jpg

マスカルポーネにドライフルーツやアーモンドを加えローストした茄子で包みこみ、手軽にできるチョコカフェソースをかけました。

通常のコース料理でこんなにチョコを使っちゃー
  ダメよー ダメダメ (もぅ・・ふるいですよね  笑) 

ですが、バレンタインやクリスマスなど
愉しいイベントで作ってみるのも いいかもです(^v^)

ワインが大好きというあなた!
  このコースなら・・・全部 赤ワインでいけますよ!
[PR]
by tetsuya_usuki | 2015-02-11 16:01 | イベント | Trackback | Comments(2)

ワイン会・・・翌日

こんばんは・・・・

昨日は 毎年恒例の秋のワイン会開催いたしました。
例年、ノヴェッロ(イタリアの新酒ワイン)で開催していたイベント。。
今年は、2種類のバローロを使ってお楽しみいただきました。

今回のイベント、スタッフが長崎で開催されておりますコンクール出場のため、私が皆様方のテーブルを回ってご挨拶することもできず・・少し残念でしたが・・・

早速、昨日のお料理ご紹介してみましょう!
e0123016_1739206.jpg


フォアグラのムースにかぼちゃのピュレを加え軽く仕上げ・・・
下には白いんげん豆のピュレをコーヒー風味に仕上げました。ナッツとドライフルーツをアクセントに。
右上はオマール海老・ユリ根・カリフラワーのコンソメジュレ寄せ。

e0123016_17402382.jpg


こちらは2つ目の前菜
鶏のすり身に軟骨とくわいを合わせ中にモッツアレラチーズを詰めて蒸しあげました。
上には、昆布の素揚げとイタリアンパセリ・・・ソースにはトリュフを使ってコクを出しました。

e0123016_1742382.jpg


ミラノ風リゾットにポークとポルチーニの煮込み
e0123016_17444222.jpg


しっかりめのお料理が続きましたので・・
軽めのカペラッチインブロード
e0123016_174767.jpg

今回メインは ポークのローストの表面をバーナーで炙り、ゴルゴンゾーラのムースを添えました。
北海道産の豆の煮込みとポテトのパイヤッソン

モンテビアンコのデザートで締めくくり! っといった内容でした。
[PR]
by tetsuya_usuki | 2014-11-03 18:03 | イベント | Trackback | Comments(4)
熊本の9月恒例のお祭りも無事終了し・・・
 秋らしくなってきました。

秋といえば・・・・ 魚・・・魚といえば・・・
  脂がのってくる・・・脂がのってくるといえば・・・美味しい・・・
美味しいといえば・・・ワクワクする?

わくわくする?・・・釣りの季節です!

趣味のことはさておいて。。。

今年の秋のワイン会の内容が決まりましたのでご紹介します!

イタリア料理紀行2014 秋編
「北イタリアのお料理とイタリアワインの王様”バローロ“を愉しむ」

e0123016_13113846.jpg


毎年この季節 イタリアの新酒 「ノヴェッロ」を使って イベント開催してまいりましたが・・・
今回は「ノヴェッロ」はお休みして、北イタリアのワインで開催します。。。

しかも! なんと 赤ワインは バローロ2種類の飲み比べ。。

それでは今回のワインリストから

スプマンテ

コンタディ・カスタルディ
フランチャコルタ ブリュット  スティレ
e0123016_13143566.jpg


レモン、ライムの皮のコンフィにほのかに白桃の香り。泡
立ちはリッチでクリーミー。キレがよく潔い味わいで、後口
に残る心地よい苦味が特徴。モッツァレラやカマンベールな
どのミルキーなチーズを使った前菜や、魚秋のクリームパス
タなど、バターや生クリームを使った料理と。デザートな
らバニラアイスクリーム。甘い余韻に苦味がアクセントとなり、
味の幅が広がる。

白ワイン
レ ラーヴェ ヴェネト ビアンコ ベルターニ 2011
e0123016_13191274.jpg


樽発酵させたシャルドネとガルガネガを約10ヶ月間、酵母とともに樽熟成。酵母由来のアロマを引き出すために随時バトナージュを行います。また、このことによりワインに複雑味が加わり、長期熟成できるポテンシャルを持たせます。桃やアプリコット、パイナップル、そして樽由来のバニラのニュアンスが感じられる上品で力強い香り。まろやかさとともに土壌由来のミネラルが感じられ、エレガントな味わいを引き立てています。長期熟成も楽しめる上質な白ワインです。

赤ワイン
バローロ フォンタナフレッダ 2010
e0123016_13201851.jpg


バローロ村の地名に由来し、「イタリアワインの王様」と称えられるバローロ。昨今の凝縮感ある主張の強いバローロとは少々趣の異なる、老舗ならではの奥ゆかしい味わい。大樽熟成らしい、おおらかさと慎ましやかな印象を兼ね揃えた1本です。

バローロ フォッサーティ 2005 カーサ モリッソ
e0123016_13234614.jpg


オーク樽熟成 28ヶ月 (225L、500L、大樽 スロヴェニア産/新樽比率30%)。比較的、優しく上品な味わいに仕上がるといわれるラ モッラ村のバローロの特徴に加え、女性の造り手の想いが込められた「バローロ フォッサーティ」には、豊かな香りとエレガントな力強さ、その奥に繊細さも感じとれるカーサ モリッソ独自のスタイルが見事に完成されています。木樽熟成のニュアンスが上品で、森の赤い果実やチェリー、バラの花、枯葉、黒胡椒などの華やかで複雑なブーケ。純粋な果実味としなやかな酸味の中に旨味が湧き出る。タンニンはまだ若いが上品で細やかで、素晴らしいミネラルを感じる。長い余韻ではほんのり甘いカカオ、果実香、なめし皮の香りが漂う。

? ソムリエちょっと 気合い入れすぎじゃ?
  こりゃー料理も気入れていかないと・・・

それではお料理

アンティパスト

・フォアグラのムースとオマールエビのダイス コンソメのジュレを纏って

・モッツアレラチーズを包みこんだ鶏のムース、軟骨とくわいのアクセント トリュフのクリームソース

プリモピアット

・ミラノ風リゾット ポークとポルチーニの煮込添え

・カペラッチインブロード

セコンドピアット

・香ばしく仕上げた自然豚のロースト きのことポテトのパイヤッソンにゴルゴンゾーラのムースを添えて

 ドルチェ
・モンテビアンコ、ジェラート、ビスコッティの盛り合わせ

チャバタ

コーヒー
 となっております!

それでは開催日のお知らせ!

イタリア料理紀行2014 秋編
「北イタリアのお料理とイタリアワインの王様”バローロ“を愉しむ」
開催日時 2014年11月2日(日)
会場 ANAクラウンプラザホテル熊本ニュースカイ
    1F レストランサンシエロ
    096-354-2634(レストラン直通)
時間  18:30受付
    19:00開演
内容  美食会 (イタリアコース ワイン)
料金 ¥10,000

となっております!

秋の夜長に美味しいワインとお料理でお楽しみください。
皆様のご予約お待ち申し上げます。。040.gif
[PR]
by tetsuya_usuki | 2014-09-24 13:57 | イベント | Trackback | Comments(2)
こんにちは!

前回に引き続き、これまでのブログの軌跡をたどってみましょう。。。
e0123016_14384938.jpg


おちゃめにこんな写真を載せたこともありました(笑)

e0123016_14392240.jpg


この料理は・・・
 もうサンシエロで定番となりました! 阿蘇自然豚のロースト・・
じっくりじっくり焼き上げ やさしいソースとともにお出ししています。

e0123016_14405377.jpg


けっこう若かったな (^v^) あの頃は・・・みたいな
e0123016_14412254.jpg

自分が食べたいな! ばっかりに仕込んだテリーヌ・・やら
e0123016_14415416.jpg


エロティックな仕上がりのお魚料理・・・などなど

振り返ってみれば よく続いてるなーーーー って感じです。

以前よりは更新の回数も少なくなってきておりますが・・
  まだまだ頑張って 続けますぞー! 
   これからも応援よろしくお願いします040.gif

さてさて・・・

毎年7月に開催しております 今井シェフをお迎えしてのワイン会。
無事、ワインリスト メニューともに 決定いたしましたので早速ご紹介してみます!

イタリア料理紀行2014「南イタリアのお料理とワインを愉しむ会」
タベルナI 今井シェフをお迎えして



アンティパスト

マグロの自家製アフミカータとチャンフォッタ ビンコット添え 

海の幸・夏野菜のカクテルとコンソメジュレ

プリモピアット
カヴァテッリ 季節のお魚とグリーンオリーブのソース

コンキリオーニのグラタン南イタリア風


セコンドピアット
仔羊のオーブン焼き羊飼い風


ドルチェ
バジルの香るホワイトチョコのムース ジェラート添え


オリーブ入りチャバタ

コーヒー

メニューはこんな感じです(^v^)
今日は プリモのカヴァテッリ試作してみました!
e0123016_1448117.jpg


しっかりと練りこんで 休ませた生地は・・
1つ1つこんな感じでカヴァテッリに仕上げていきます。
e0123016_14493810.jpg


生地はいったん軽く乾燥させて ボイルします。

今回合わせるのはこんな感じ・・・
e0123016_1451319.jpg

当日までに、素材を決めて仕上げます(^v^)

そして合わせるワインは
e0123016_14543065.jpg


コルヴォ モスカート
シチリアの日当たりのよい丘の中腹にある畑で育ったモスカートから造られる、甘く生き生きした爽やかな味わいのワイン。緑がかった麦わら色。繊細なマスカットのほか、桃やハチミツ、アプリコットの香りも感じられる濃厚で調和のとれた香り。軽くフレッシュで生き生きした、アロマが心地よい味わい。

e0123016_14551273.jpg

プレルディオ N.1 シャルドネ カステル デル モンテ
ファースト・ヴィンテージは1985年。カステル デル モンテDOCエリアで、バーリの北西に位置するムルジアの丘で、海抜350mの丘の上の方に位置する畑。石灰質で、岩の多い土壌。この石灰土壌がシャルドネに特徴を与えています。麦わら色を帯びた黄色、様々なフルーツやドライフラワーの香り、濃厚な果実味あふれる味わいの白ワインです。

e0123016_1456614.jpg

ドゥーカ サンフェリーチェ チロ ロッソ リゼルヴァ
中世ナポリ王国のサンフェリーチェ公爵が所有していた畑の樹齢平均30~40年の古木から収穫されたブドウを使ったワイン。フルーツやスパイスの複雑でエレガントな香りとしなやかなタンニンが印象的です。

e0123016_14564868.jpg

タウラージ   フェウディ ディ サングレゴリオ
フェウディの実力をはっきりと感じられる偉大な赤ワインがこのタウラージ。南イタリアの赤ワインとして初めてDOCGに認定されたタウラージは、バローロやバルバレスコと並ぶイタリアを代表する赤。フェウディのタウラージは、火山質豊かな土壌で造られるアリアニコから力強く上品な魅力あふれるワインとして高い評価を受けています。火山質の成分が豊かな地域で栽培されるアリアニコ種100%で造られています。熟したダークチェリーやプルーンなどの濃厚な香りとスパイス、バニラのニュアンスが複雑にからみ、良質なタンニンが上品さと力強さを感じさせます。 

御覧の通り、今回はすべて南のワインを集めました!
(なーんて・・ ソムリエ平山のセレクトなんですけどね(^v^))

それではご案内です。

イタリア料理紀行2014
「南イタリアのお料理とワインを愉しむ会」
タベルナI 今井シェフをお迎えして

開催日時 2014年7月9日(水)

時間  19:00受付
     19:30開演

内容  美食会 (イタリアコース ワイン)

料金 ¥10,000

となっております。

今年も今井シェフの愉快で軽快なトークと 夏にふさわしいお料理ワインで愉しいひと時を過ごしていただければと思っております。

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。
お問い合わせは
096-354-2634
レストランサンシエロまで お願い致します。
[PR]
by tetsuya_usuki | 2014-06-05 15:04 | イベント | Trackback | Comments(2)
皆様こんにちは!

一昨日27日に開催いたしました
ワイン&グルメフェスタ2014「平山ソムリエセレクトGIVワインと春のイタリア料理」
GIV日本駐在員マウリツィオ・ベルタッキーニ氏をお招きして

ちょっとしたハプニングがあったものの・・・
無事終了することができました!040.gif

それでは当日のお料理ご紹介してみようと思います。

まずは前菜
アスパラガスとスナップエンドウのサラダ、マリネしたマグロとボッタルガ温泉卵を添えて
e0123016_13551474.jpg


香味野菜等等と和えたマグロの上には温泉卵とジャガイモの素揚げ、回りにアスパラガスとスナップエンドウのサラダをあしらいボッタルガの塩気でお召し上がりいただきました。

2品目
e0123016_13564033.jpg


フォアグラのプチフランと無花果のマルメラータ

パスタ 1品目
魚介類とマッシュルームのクリーム煮をサンドしたラザーニャ
e0123016_13573847.jpg


海老・烏賊・帆立貝・アサリ・マッシュルームとお野菜をラザーニャにサンドして焼き上げました!
手前に見える黄色いソースは・・・ マンゴー(^v^)

そして2品目のパスタ

トスカーナの手打ちパスタ 「ピチ」
e0123016_141774.jpg

 今回は北海道産の仔羊をラグーしてソースにしました。。。

そしてメイン
ホロホロ鶏のペヴェラーダソース
e0123016_1421596.jpg


付け合わせには、蕨・筍 といった春の山菜と ポレンタのグリルを使用しました。
蕨はアーリオ・オーリオ  筍は木の芽味噌を加えたオランデーズソースを添え、マウリツィオ氏にも日本の味を愉しんでいただけたんじゃー? なーんて思ってます。(^v^)

今回ドルチェはこんな感じ。。。
e0123016_146862.jpg

フォンダンショコラ・イチゴのコンフィチュール・バニラジェラート!

さーてさて・・・1つが終われば、すでに次のスタートです。。
今度は7月今井シェフとの恒例イベント

今年は南?北? どっち? でいこうかな?
[PR]
by tetsuya_usuki | 2014-04-29 14:19 | イベント | Trackback | Comments(0)
そうですね!
    大体準備整いましたね!
         もちろん、今日できることはですね!

キッチンも明日のワイン会の準備、大詰めに入ってます。

e0123016_15232058.jpg


ドルチェ用のイチゴは真空パックしてシロップをしみこませ・・

e0123016_15241556.jpg


フォアグラのフランは、昨日マリネしておいたフォアグラに一度火を入れたのちピュレして液体とあわせました。
今日一晩生地を落ち着かせて、明日じっくりと火を通します。

e0123016_15261555.jpg


今回のプリモ 1品目の シーフードのラザーニャは、ちょっとかわったこの黄色いソースと一緒に召し上がっていただきます。

えーと・・・
後は・・・  なんだったけ?


さーいよいよ明日本番です!
   
お楽しみに!
[PR]
by tetsuya_usuki | 2014-04-26 15:28 | イベント | Trackback | Comments(2)

春の素材とホロホロ鶏

皆さんこんにちは!

24日。。ワイン会まであと3日となり、キッチンでも本格的に仕込みに入っております。

まずは春の山菜
e0123016_1351432.jpg


e0123016_13515752.jpg


筍。。

そして
e0123016_13524978.jpg




筍は糠とタカノツメを入れて・・・
   蕨は灰であく抜きしてたんですが・・・
今回にがりを使って、初めてあく抜きしてみます(^v^)

今回のワイン会のメインのお料理にはホロホロ鶏を使うことにしたんですが・・・
e0123016_13564572.jpg
e0123016_13562964.jpg


中に香辛料などを詰めて低温(いい感じに仕上がる温度)でじっくりローストしました!
焼き上げた断面は
e0123016_13574281.jpg
e0123016_13573289.jpg


こんな感じ!

フフフフ・・・・思い通りの焼き加減です。

今回のメインのお料理
ホロホロ鶏のペヴェラーダソース   って言うんですが

鶏のレバーとサラーミを一緒に炒めて赤ワインビネガーと
レモンの皮のすりおろし、たっぷりの黒胡椒を加え、さわやかな風味と胡椒のピリッとした辛さが特徴のソースです。

これで一通り試作完了です!
  さぁ、本番に向けて気合い入れていきますか!

あ! ご報告遅くなりました。
おかげさまで今回のワイン会 満席となりました。
ありがとうございます。。。
[PR]
by tetsuya_usuki | 2014-04-24 14:12 | イベント | Trackback | Comments(0)