シェフの独り言

tchef.exblog.jp

簡単レシピの紹介や、日々のキッチンでの出来事を紹介

カテゴリ:ワイン( 56 )

久々にワインなど・・・

ここのところお料理のことばかりで・・・

  久々に最近飲んだワインをご紹介してみます。

e0123016_11203371.jpg


フランクランド・エステート・オルモズ・リウォード S'04

最近は白ワインを飲む機会が多かったんですが・・・
 
久々にウヮーオ!って言いたくなるエレガントな赤ワインでした。。


今回はチョコと一緒に愉しんだんですが・・・
  そのチョコの中でも、トリュフの入ったこの季節に持ってこいのチョコとこのワイン
めっちゃ美味しかったです!

・・・・と、言うことで

今月末に開催されます RKKワインセミナーのお料理

テーマが日本のワインということで、パスタ料理も しょっつるを使って和 のテイストを加えたものにしようと思ってたんですが・・・

先日講習会でお出しした、「フォアグラとマンゴーのカネロニ、チョコレートソース」に変更しようと思います。

 
e0123016_11294896.jpg
 

釣りの記事は 昨年末 いやーなことがあってのせないことにしたんですが・・・

いつも釣ってる磯は・・・
   こんな感じです(^v^)
e0123016_1132449.jpg
 
   
[PR]
by tetsuya_usuki | 2015-02-18 11:32 | ワイン | Trackback | Comments(2)

11月7日 ワイン決定!

皆さんこんにちは!

あっという間に10月になっちゃいました・・・

いよぴよ あと1ヶ月ちょっととなりました イタリア料理紀行2013秋編

ようやくソムリエからワインリストが届きましたので、早速ご紹介してみましょう!

まずは泡・・・泡・・・泡・・・

今回は エミリアロマーニャの サンシエロでも大人気のランブルスコ
を最初にお出しするようです!

e0123016_14492362.jpg


ガヴィオリ・ランブルスコ・グラスパロッサ・ディ・カステルヴェトロ・アマービレ

口に入れた瞬間のその濃厚さ、きめ細かいクリーミー
な泡、そして高級ブドウを使用していることが手にとる
ように分かる極めてエレガントな薔薇の果実味とその長
い余韻・・・

サンシエロでも以前から取り扱っている商品なのですが、なんせ人気のある商品でして・・
途中から欠品してしまうことが多い、とっても人気のある微発泡赤ワインです。

そして し・ろ・ワイン

この造り手のワインは、どれを飲んでもはずしません!

e0123016_14545349.jpg


ドンナルーチェ ポッジョ レ ヴォルピ

果実がどれだけ凝縮されているのか想像もできないの濃密さ。といってもただただ味が強いわけではなく、バランス良くボディがしっかりしているから、次の一杯も欲しくなってしまう。ブドウの生果のようなみずみずしさに加え、ほろ苦いヨモギやハーブのようなニュアンスも。さらに後味にはしっかりとミネラル感がありキリッと締まる。 強烈な個性がありながら、実にバランスのとれた味わい。この美味しさを誰かに教えたくなる、そんな素晴らしさです。

そして今年のノヴェッロは このアイテム!
カステッロ モナチ フェウドモナチ プリミティーヴォ ノヴェッロ サレント

e0123016_14573534.jpg


ノヴェッロ フランスで言う ヌーヴォー 、11月にこのワイン会を始めた年は、イタリア各地のノヴェッロを集めてお出ししてたんですけど・・・

やっぱり普段からワインを飲みなれているお客様が多く、最近はノヴェッロ1アイテムにしています。

プーリア州を代表するブドウ品種の1つ『プリミティーヴォ』から作られる
ノヴェッロです。スミレ色を帯びた濃い艶やかなチェリーのような色合い、
フルーティで心地よい香りが広がります
フレッシュでまろやかな味わいは、野菜ベースパスタから、肉料理にと色んな
お食事に合わせてお楽しみ頂けます。

そしてメインの赤ワイン

キター!
私の大好きな造り手、ハンステルツァー が手掛ける赤ワイン

サン・ミケーレ・アッピアーノ〈ピノ・ネロ/アルト・アディジェ〉
e0123016_151599.jpg



ワインは、グラスの底が見えるほど透明感のある赤色!
ベリー系のフレッシュな果実の香りが豊かで、バニラっぽい香りもちらほら。。。

バリック(=小樽)でなく、大樽を使うこのワインの特徴が、早くも香りに現われています。

ピノ・ネロらしいフルーティなチェリー系の香り。
味わいにピノらしい酸もあるため、味わいにメリハリがきいています。

ひと口めはライトに感じますが、飲み行くうちにジワっと風味が湧き上がってくる・・・
そんなタイプの赤ワインです。

・・・と今回のワインはこんな感じです。。

これから、当日に向けて着々と準備を進めていきます。
これからのブログ更新・・・楽しみにしておいてください(^v^)

あ!先日、フェリーチェで 長い間 とっても頑張ってくれていた さ○りさんの結婚式に出席してまいりました。

普段からとってもお綺麗なかたでいらしたんですけど・・・
純白のドレスのさ○りさんは 普段にもまして・・ちゃおぅ(超) ビユゥテ・フォーでした!

さ○りさーん お幸せに!
e0123016_15125430.jpg


040.gif
[PR]
by tetsuya_usuki | 2013-10-01 15:13 | ワイン | Trackback | Comments(0)
皆さんこんにちは!

6月に入りました。。
今年もやります! もちろん! 
イタリア料理紀行2013 「イタリア各地のお料理とワインを愉しむ ~今井シェフをお招きして~」

昨年まではワインも私がセレクトしておりましたが・・・

ソムリエの誕生で 今回はすべてソムリエセレクトのワインとなっております。

メニューも ほぼ確定したんですが・・・

今回はまずワインのご紹介です!

泡・・・泡・・・泡・・・

まず最初にお出しします スプマンテ

ベッレンダ・ロゼ・ブリュット“ロザリカ”
e0123016_1412640.jpg


紅を帯びたピンク色で、きめ細やかな泡。
ラズベリーやサクランボの香りが感じられ、フルーティなアロマとフレッシュさのバランスがとれています。味わいは辛口で、しっかりとした構成があり、香りと味がうまく調和していて、エレガントな印象を残すスパークリングワインです。

ベッレンダのワインは、大好きなアイテムのひとつでして・・・私セレクトのときにもいろんなワインお出ししてきましたが、今回のロゼは 初登場となります。

そして白ワイン
コントラーダ・ディ・コンチェニゴ” ヴェネト・ビアンコ

にゃはは! こちらもベッレンダですな!

これ 大好きです!

e0123016_14173339.jpg


輝きのある麦わら色。桃やトロピカルフルーツのアロマが感じられ、エレガントでフルーティ。味わいはしっかりとしたボディがあり、酸とのバランスが良い。洗練されたフレーバーがあります。野菜のリゾットや白身肉や魚を使った料理と相性が良いワインです。

さてさて・・
赤ワインの1つめ
ヴァレー ダオステ  ドナス

e0123016_14205646.jpg


アオスタのDOCである"ドナス"は1200年から存在したという歴史的な証拠もあり、幅広く知られるまでに何世紀もかかりました。この地方では、"ピコテンドロ"と呼ばれるネッビオーロから造られており、少しスパイシーさの感じられる香り。辛口で調和がとれており、ほろ苦く心地良い後味が特徴的です。ラベルには街の象徴の岩門が描かれています。

んー・・・残念!  これまだ飲んだことないんです。。
 バローロの葡萄品種 ネッビオーロも イタリアでは地方地方で呼び方が違うのもまた楽しいですね!

そ・し・て・・・

もうひとつの赤ワイン

アルジリオ トスカーナ ロッソ

e0123016_14242630.jpg


ガーネットを帯びた鮮やかな赤。凝縮した洗練されたアロマ、小さな赤い実の果物や、ワインらしい香りのなかに、かすかに草のニュアンスを感じます。味わいには厚みがあり、しっかりとした構成があり、フルーティかつスパイシーな後味が感じられます。

いやいやいやいやー
 平山ソムリエ。。。。
   気合い入っておりますなー(^.^)

コリャー お料理もかなりしっかりしたテイストに仕上げないと 負けちゃうかも・・

いえいえいえいえ そんなことはありません!
当日までに、しっかりとあわせて 愉しんでいただきますとも!

さぁー 今回のワインに合わせるお料理は?

                    次回のブログでご紹介しますね(#^.^#)
[PR]
by tetsuya_usuki | 2013-06-04 14:32 | ワイン | Trackback | Comments(0)

気がつけば・・・

皆さんこんにちは!

前回の更新から1ヶ月近くあいてしまいました・・・(+_+)

とにかく・・とにかく 忙しくって・・・ なんて言い訳しておりますが・・・

今回は、いよいよとなりました15日のワイン会より 実は白ワインに引けをとらない赤ワインをご紹介してみます!

マゼール ヴァルテッリーナ スーペリオーレ インフェルノ
ニーノ ネグリ
Mazer Valtellina Superiore Inferno Nino Negri

e0123016_16204893.jpg


アルプス渓谷の段々畑だけが持つ独自のテロワール
ロンバルディア州を代表する造り手
ニーノ ネグリ -Nino Negri-

インフェルノとはイタリア語で「地獄」という意味。傾斜が40~45度ぐらいあるので畑仕事が本当に困難。日当たりが良く夏は40℃近くにもなります。ヴァルテッリーナのネッビオーロ(キアンヴェンナスカ)は、ピエモンテに比べて透明感があり、ミネラルを豊富に感じるエレガントな味わい。 香りも複雑で広がりがあり、飲み心地は非常に滑らか。同じくインフェルノのブドウで造られる「インフェルノ カルロネグリ」と比べて、しっかりとした男性的な味わいです。
ピエモンテのネッビオーロとはまた違う、素晴らしい味わいを持つニーノ ネグリのヴァルテッリーナは、各ワインガイドで常に高い評価を受けています。 

上記の文章にもありますように、 今回の赤ワイン、 バローロなどに使われる葡萄 ネッビオーロと同じ品種なんです。

いよいよお料理の準備に入ります。先に準備して熟成させたほうがよいものはしっかりとねかせて・・・ フレッシュ感が大事な物は できるだけ当日直前に・・・・
準備の行程も決まって、いよいよ明日から本格的な仕込みです。

ラヴィオリに使う蛸のラグーは早めに煮込んで味をしっかりとなじませます。
  フォアグラを使ったテリーヌはすでにベースのフォアグラのテリーヌを先日仕込みました。
あとはきのこなどなど一緒に詰める素材を仕上げて・・当日は「秋!」って感じのテリーヌでお出ししますね!
[PR]
by tetsuya_usuki | 2012-11-11 16:40 | ワイン | Trackback | Comments(0)
皆さんこんにちは!

先日、晴れて 〇〇歳の誕生日を迎えた私tchef
  
大好きなワインを愉しんだんですが・・・
e0123016_1503912.jpg


(今回は、7月のワイン会でお出ししたものと同じ タウラージにしてみました)

今回、もっともっと喜ばしきことがありましたので、また、1人でワインを愉しもうと思ってます!

そ・れ・は・・・・
サンシエロに 念願のソムリエが誕生したのです070.gif

その名も Mr 平山!

e0123016_1542333.jpg


りりしくワインを注いでいる 男性こそ その 平山くん!

いやー かなり勉強してましたからねー

   よかったよかった。。。

これから サンシエロのワインは もっともっと良いアイテムをそろえていくことが出来そうです。。
 しかも 酒屋価格!

皆さん!  これからのサンシエロのワイン・・・期待してくださいね006.gif

それではまた・・・・
[PR]
by tetsuya_usuki | 2012-10-16 15:09 | ワイン | Trackback | Comments(4)

最近飲んだワイン

皆さんこんにちは!

3連休いかがお過ごしですか?
  
今回は、11月のワイン会に向けてぜひ飲んでおきたかったワインを昨日飲んじゃいましたんで
久々(でもないか) プライベートでのワインのご紹介です。。。

今回飲んだのはこのワイン!
e0123016_14493891.jpg


そう!ウマニ・ロンキ社の 「プレーニオ」
このワインも今回のワイン会でお出しするワイン同様、ヴェルディッキオ100%のワインなんですが・・・

カサル・ディ・セッラ・ヴェッキエ・ヴィーニェに比べ収穫制限も厳しく、 なんと約半分量の生産しか行っていないワインなのだとか・・・

かーなーりーしっかりしてます。。

でも・・・その前に飲みました、ヴェッキエ・ビーニェもさすがイタリアNO1になるだけのことはありました。

今回のこの2本、エレガントさではヴェッキエヴィーニェ、重厚感ではプレーニオってところでしょうか。。

どちらも、さすがウマニ・ロンキ

それぞれにすばらしい美味しさを持ったワインでした。。。

・・・と、ほんとは飲みたかっただけですけどね!(^.^)

話は変わりますが・・・

涼しくなりましたネ、  秋になったら 赤ワインが飲みたくなりますよね!
(あ・・・年中か(ToT)/~~~)
[PR]
by tetsuya_usuki | 2012-10-08 15:08 | ワイン | Trackback | Comments(0)

11月のワイン会

先週は流通団地でポークカレーを 600食!
  今週末はビーフカレーを興南会館というところで800食と9月は毎年 出店続き・・・・

ただいまそのビーフカレーを仕込んでおりますが。。。
  なかなか味がなじんでこないんで・・・ちょっと弱火にしてデスクに戻ってまいりました027.gif

・・・ということで、ブログ更新しておりますが

昨日、11月のワイン会に向けた試作を 自宅で行ないました!

と・いうのも、11月のイベント・・・昨年まではイタリアの新酒 ノヴェッロをメインに行なっておりましたが、やっぱりワイン好きの皆さんが集まる会だけあって、ノヴェッロだけでは満足できないご様子・・・

そんなときに、よく飲んでいるワイナリーのヴェルデッキオが イタリアNO1になったとの情報が入り、それじゃー今回のワイン会にぜひ入れたいなー ということでお料理とあわせてみました。

やっぱり白ワインなので、昨日はお魚料理3品
ヤリイカのバジル風味ソテー・鰈のフリット・サワラのソテー、焦がしたバターとケイパーのソース

この3品をせんまい自宅のキッチンでドタバタやりながら作ってワインとあわせてみたんですが・・・
やっぱり、ワインがしっかりしてるだけに、お料理もかなりしっかりした物とあわせなきゃ!って感じです。

もちろん自宅で作った物をそのまま・・・とはいきませんが、昨日のお料理を参考にしながら、当日愉しんでいただけるお魚料理に仕上げたいと思います。
(お魚料理もですが・・・その前のパスタ料理もですなー)

で! 昨日飲んだワイン。。。ちょっと前にもご紹介した
e0123016_11521820.jpg


「“カサル・ディ・セッラ・ヴェッキエ・ヴィーニェ”ヴェルディッキオ・デイ・カステッリ・ディ・イエージ・
クラッシコ・スペリオーレ 2009」

昨日は・・・ちゃんとワイン1本で止めました(その前にビール1本と その後に焼酎1杯は飲みましたけどね)

・・・これで、今回のメニューの構成が固まってきました。。。
ワイン全アイテムとメニューが完成するのも  あとちょっと!ってところです。

さあぁー!カレーの仕上げにいくどー!
[PR]
by tetsuya_usuki | 2012-09-26 12:01 | ワイン | Trackback | Comments(0)
ただいま会議終了いたしましたので・・・

早速、ワインのご紹介!

今回は赤ワイン・・いってみましょうか!

“ラ・セルヴァネッラ”キアンティ・クラッシコ・リゼルヴァ”

e0123016_1555181.jpg


“ラ・セルヴァネッラ”は、メリーニ社が誇るエステート(自社畑)で、このワインこそが、イタリアにおいて「クリュ(単一畑)」のコンセプトのもとに造られた最初のワインなのです。(ファーストヴィンテージ1969年)

フレンチ・オークの小樽で30ヶ月間熟成させており、深みのあるルビー色で縁にはガーネット色が見られ、香りは濃厚、複雑でラズベリージャムやクローヴ、ヴァニラなどの香りが感じられます。
味わいはドライでアルコールのボリューム感や凝縮感があり、長い持続性の中にはローストしたアーモンドやベリー系の果物の風味が楽しめます。

品種:サンジョヴェーゼ・グロッソ、カナイオーロ・ネーロ
熟成:フレンチオークのバリックで30ヶ月間熟成

7月4日に開催致しました、今井シェフをお招きしてのワイン会でも最初の赤ワインとしてお出ししました。
キャンティの中でも私 tchefが一番好きなワインとしてサンシエロのワインリストにものせています。

・・・・夏はどっちかというと、すっきりした白ワインやスプマンテが多いんですが、この記事かいてたら・・・
  なんだか飲みたくなっちゃいました!

    ということで、今晩は赤ワインかな?
[PR]
by tetsuya_usuki | 2012-07-25 16:03 | ワイン | Trackback | Comments(0)

やっと雨が上がってきました。 もぅ しばらく雨はいいかな・・・

今回も前回に引き続きまして、サンシエロのワインのご紹介です。

やっぱ泡ものを飲んだ後は・・・白ワインでしょ!

今回は、カラブリアの白  リブランディ社の「チロビアンコ」

ご紹介してみましょう!

e0123016_16125419.jpg


葡萄品種  グレコ・ビアンコ  
格付け    DOC(DOP)
ボディ     ミディアム
飲み口    やや辛口

ガリオッポと同様、カラブリアの古代土着品種であるグレコ・ビアンコから造られたリブランディ社を代表する白ワイン。柑橘類や花の香り、バランスのとれた酸味と苦みが心地よい、果実味豊かで爽やかな味わいです。

とにかくこのワイン・・・私大好きです!  それも暑い季節にはよく飲みます。。
きりっと冷えたチロビアンコ・・・

うーん・・・

e0123016_173542.jpg


ただいま開催中の オマールフェスタ

「活きオマールのロースト シチリア風」 と あわせてみては いかがでしょう!

次回は、
ワインを一旦お休みして・・・

今井シェフとコラボで作りました  ブライダルのメニュー 「トラディッショナーレ」
ご紹介してみます。。。  040.gif
[PR]
by tetsuya_usuki | 2012-07-14 17:06 | ワイン | Trackback | Comments(0)
こんにちは・・・
 先日のワイン会で、ちょい燃え尽き症候群になっておりました 。

ワイン会でお出しするワインのご紹介はするんですが、レストランで通常お出ししているリーズナブルで
おいすぃーワインのご紹介がおろそかになっておりましたので・・・
  今回、ワインリストの中からひとつずつご紹介していこうと思います!

まずは・・・

「ガヴィオリ・ランブルスコ・グラスパロッサ・アマービレ」

ランブルスコはイタリアのエミーリア・ロマーニャ州の伝統的な弱発泡性赤ワイン。ランブルスコというのはブドウ品種名で、このブドウで造った、アルコールがやや低めで弱発泡性の、やや甘口の赤ワインです。

エミーリア・ロマーニャ州のランブルスコには別格とされる3つの原産地呼称DOCがありますが、このグラスパロッサ・ディ・カステルヴェトロはその中でも最もコクのある贅沢タイプといわれる高級ランブルスコが生まれる産地。

このワインはあのスーパーカー[フェラーリ]の地元モデナ近郊で収穫されたランブルスコ・グラスパロッサ種のブドウを主体(85%以上)にして造られます。ランブルスコ・グラスパロッサ種の特徴は、鮮やかな赤い色で、紅葉するときには、葉だけでなく、ツルから幹までが赤くなり、ワインも実に鮮やかな赤紫色が特徴です。

ランブルスコ・グラスパロッサ種のぶどうは、モデナ近郊の丘の痩せた土地によく適応するブドウ品種で、熟すのが遅いのですが、晩秋になって完熟するのを待ってから収穫されます。これによって、鮮やかで深みのある色と、華やかな香り、そして甘さとコクが得られるというわけです。

ランブルスコの3つのDOCの中では、このグラスパロッサ・ディ・カステルヴェトロが最もコクのあるランブルス
コの中では贅沢タイプになります。ランブルスコというと、甘くて低アルコールで炭酸の入った、カクテルのよ
うな飲み物と言う印象があるのですが、このグラスパロッサ・ディ・カステルヴェトロは非常にコクがあるので、
料理と合わせて楽しむことも多い、まさに本格的ランブルスコです。

とありますが・・・

こんな長い説明は・・・不要!

ひとことでいうと   おいすぃー(^.^) ですね!
微発泡のワインなので、ピッツアにもよーくあいます。。。

e0123016_1743593.jpg


うーん・・もし僕がー サンシエロでー ピッツアを食べるとしたらー・・・

最初にー ランブルスコ飲んでー・・・・・・

  というわけで、次回は  「tchefが、ランブルスコの次に飲むワインは?」

でお送りいたします!
[PR]
by tetsuya_usuki | 2012-07-10 17:47 | ワイン | Trackback | Comments(0)