ブログトップ

シェフの独り言

簡単レシピの紹介や、日々のキッチンでの出来事を紹介


by isozurisennmonn
プロフィールを見る
画像一覧

僕の大好きなイタリアン産チーズ

皆さんこんにちは!

久々の更新と相成りましたが・・・・

今回は、私の大好きなチーズをご紹介してみましょう(^.^)
 
その名は・・・「ペコリーノ・ロマーノ」
円柱形の硬質チーズ。硬質チーズのなかでは比較的やわらかい。 ペコリーノとはヒツジの乳のチーズの事で、独特の風味と旨味がある。ロマーノはこのチーズが元々ローマ近郊で伝統的に作られていたため。
e0123016_1554329.jpg
e0123016_15541374.jpg


カルボナーラやアマトリチャーナといったパスタには、本来このペコリーノを使うのが正式です。

この ペコリーノ・ロマーノ・・・
塩味が特徴なので、パルミジャーノ・レッジャーノやグラナ・パダーノのように、すりおろすか細かく刻むかして使うことが多いんですが、薄くスライスしてカルパッチョなどにのせてもすんごく美味しいです!

いまサンシエロのバイキングにお出ししている「青豆のグラナパダーノ風味」
このお料理もローマで5月の空豆の収穫の時期に、収穫したばかりの生で食べられる空豆とペコリーノチーズそれにワインを愉しむというペコリーノチーズの愉しみ方からヒントを得てお出ししているお料理です。

カルボナーラは本来、グアンチャーレといって豚の頬肉の塩漬けと卵黄 そしてペコリーノ・ロマーノ・黒胡椒で作るのが正式なレシピですが・・・日本ではグアンチャーレの代わりにベーコン・・・そしてまろやかにする為に生クリームベースで作るところが多いですね!

簡単なカルボナーラの作り方ご紹介してみましょうか!

まず、フライパンでグアンチャーレ(なければせめてパンチェッタ)の角切りをフライパンに入れ、弱火にかける
グアンチャーレから脂が少し溶け出てきたら中火にして少し色がつくまで炒め、少量の水を加え火を止める
ボウルに移し、卵黄(1人前3個くらい)とペコリーノ・ロマーノ(すりおろした物)大さじ2、そして粗引きの黒胡椒小さじ1/2を加えて混ぜておく
茹で上がったパスタをすばやくボウルに入れしっかりと混ぜ合わせる。
コレで完成!
e0123016_16225268.jpg


塩気は結構ありますが、パルミジャーノとはまた違った風味でいろんな料理に使えますし、薄くスライスしてワインと一緒に愉しんでもGoodなこのチーズ・・・・
店先で見かけたら ぜひ一度試してほしいチーズでございます。
[PR]
トラックバックURL : http://tchef.exblog.jp/tb/20494695
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by tetsuya_usuki | 2013-05-15 16:23 | 素材 | Trackback | Comments(0)